Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

平成25年問29 選択肢2 民法⑫ 同時履行の抗弁権

平成25年問29 選択肢2 民法⑫ 同時履行の抗弁権

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

*問題

 

Aが自己所有の事務機器甲(以下、「甲」という。)をBに売却する旨の売買契約(以下、「本件売買契約」という。)が締結されたが、BはAに対して売買代金を支払わないうちに甲をCに転売してしまった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。

 

Aが甲をまだBに引き渡していない場合において、CがAに対して所有権に基づいてその引渡しを求めたとき、Aは、Bから売買代金の支払いを受けていないときは、同時履行の抗弁権を行使してこれを拒むことができる。

 

*解説

 

1.図を書いてみよう!

 

では、この問題についても図を書いてみましょう。

 

 

f:id:toaru0jukukoshi:20200308133144j:image

 

 

どうでしょうか。

 

図を書くことを何度も何度もできるまで練習をして、

問題文を丁寧に反映した図を書けるようにしましょう。

 

2.問題の所在

 

(1)問題は何を聞いてるか

 

まず、問題文が一体何を聞いているのか噛み砕いていきましょう。

 

・前半

CがAに対して所有権に基づいてその引渡しを求めたとき

そもそも「C」に所有権ってあるのかな?

 

・後半

Aは、Bから売買代金の支払いを受けていないときは、同時履行の抗弁権を行使してこれを拒むことができる。

同時履行の抗弁権は「C」に対しても主張できるの?

 

このふたつですね。

こういう風に問題文が何を聞いているのかは慣れですので、

沢山の問題を何度も解いていきましょう。

 

では、このふたつを考えていきましょう。 

 

3.解説

 

(1)前半について

 

まず、前半については、妥当です。

Cには所有権があります。

 

なぜなら、問題文には「BはAに対して売買代金を支払わないうちに甲をCに転売してしまった」とあります。

つまり、BC間では、甲について売買契約が成立しています。

 

これについて条文では、

民法第176条(物権の設定及び移転)

物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる。

とあります。

 

これが何を言っているかと言うと、

 

所有権は契約があったら移動するよ

 

っていう意味です。

 

BC間では売買契約があるので、所有権はCに移動しています。

 

ということで、前半は正しいですね。

 

(2)後半について

 

次に、後半ですが、これは間違っていますね。

 

なぜなら、同時履行の抗弁権は「債権的な権利」なので当事者にしか主張できないため、AB間の売買契約とは直接的には関係ない「C」に主張することは出来ないからですね。

 

これを詳しく説明します。

 

(2-1)同時履行の抗弁権

 

まず、同時履行の抗弁権というものがあります。

これは何かというと、簡単に言うと、

 

「そっちが金払わないなら、物を渡さないぞ!」

 

って言える権利です。

 

例えば、AB間で売買契約をした場合、

 

・Aは「物」を渡す

・Bは「金」を払う

 

という風に、二人はお互いに義務を負担し合いますね。

 

この義務は、お互いが「先に履行する」とかなくて、

ちゃんと「一緒に履行しましょうね」ってルールがあります。

 

それを「同時履行の抗弁権」と言います。

 

(2-2)今回は?

 

それで、今回の問題文では、

AB間では「同時履行の抗弁権」を主張できますね。

 

「Aは、Bから売買代金の支払いを受けていないとき」とあるので、

もしBから「物を渡せ!」と言われても同時履行の抗弁権を主張して、

「いやいや、逆にちゃんとお金払ってよ!」と言うことができます。

 

つまり、物を渡さないことが正当化されます。

 

(つまり、「債務不履行」にならないんです。

ただ、ここは結構難しいのでスルーで大丈夫ですよ。)

 

(2-3)Cにも言えるの?

 

で、今回は何を聞いてるのかと言うと

 

さっき説明した「同時履行の抗弁権」って、

 

契約の当事者の「B」だけではなくて「C」にも主張できるの?

 

ってのが今回の問題ですね。

 

 

これの答えは、

 

 

Cには主張できません!

 

 

です。

 

 

同時履行の抗弁権は「債権」の話なので、それは当事者にしか主張できませんね。

 

ここが「留置権」との違いです。

 

留置権は「物権」なので、AB間で成立すれば、それを「C」にも主張できるのです。

 

この感覚を徐々に掴んでください。

 

 

*答え

  

妥当でない

 

 

blog読者限定の解説動画も作りました!!

 

https://youtu.be/PxHtOHsWIT8 

 

 

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi