Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

【記述式大本命!】 平成26年問33 選択肢オ 民法30 債権譲渡

【記述式大本命!】

 

平成26年問33 選択肢オ 民法30 債権譲渡

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

*問題

 

取引上の社会通念に照らして受領権者としての外観を有するものに対する弁済等に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはいくつあるか。

 

オ.債権が二重に譲渡され、一方の譲受人が第三者対抗要件を先に具備した場合に、債務者が、その譲受人に対する弁済の有効性について疑いを抱いてもやむをえない事情があるなど、対抗要件で劣後する譲受人を真の債権者であると信ずるにつき相当の理由があるときに、その劣後する譲受人に弁済すれば、当該弁済は、取引上の社会通念に照らして受領権者としての外観を有するものへの弁済として有効な弁済となる。

 

*解説

 

今回の問題は、

 

めっちゃ難しいのに、

 

記述式で問われるかもって思ってるので、

 

動画撮った!!!!笑

 

債権譲渡の総復習も話したので、

 

この動画でマスターしてくれ!!!

 

 

 

 

https://youtu.be/ufKbTSMucrU

 

 

 

*答え

 

妥当である

 

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi