Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

合格道場 民法31 手付

合格道場 民法31 手付

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

*問題

 

手付を交付した不動産売買契約において、売主が履行に着手する前に、買主が解約手付けを放棄して売買契約を解除した場合、売主に損害が生じていれば、売主は買主に損害賠償請求することができる。

 

参考➡https://www.pro.goukakudojyo.com/

 

*解説

 

1.知識の整理

 

(1)解約手付の基本

 

契約手結の際に当事者の一方から相手に対して金銭(=手付)を交付した場合、557条1項によると「解除」することができる。

 

‐‐‐‐‐

 

557条1項

買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。

 

‐‐‐‐‐

 

 このように「手付」を交付した場合、

 

・買主は手付を放棄する

・売主はその倍額を償還する

 

ことで解除をすることができる。

 

この条文は一見すると、

売主が払いすぎているようにみえるがそんなことはない。

 

例えば、買主が10万円を手付金として交付した場合、

売主は事前に10万円を受け取っているので、

倍額の20万円渡すということは

 

「 20万円-10万円=10万円 」

 

交付することと実質的には同じだからです。

 

(2)損害賠償

 

さて、この場合、問題文のように、

「損害賠償」についてはどのように扱うのでしょうか?

 

これは2項が規定しています。

 

‐‐‐‐‐‐

 

第545条第3項【解除と共にする損害賠償】の規定は、

前項の場合には、適用しない。

 

‐‐‐‐‐‐

 

このように、手付解除の場合には、

損害賠償の義務は生じません。

 

ということで、この問題は

妥当ではない

ということになります。

 

*答え

 

妥当ではない

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi