Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

平成22年問34 選択肢2 民法35 嫡出推定

平成22年問34 選択肢2 民法35 嫡出推定

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

問題

 

f:id:toaru0jukukoshi:20200331185508j:image

 

解説

 

(1)生徒が作ってくれた解説

 

以下、Toaru塾生が作成してくれたものを添付します!

 

f:id:toaru0jukukoshi:20200331185443j:image

 

 ありがとう!!助かります!!

 

(2)Toaru先生より

 

えっと、

 

正直、(1)をみてください!!!!笑

 

良い感じにまとまってるので!

 

ただ、一応、書きます!

 

「嫡出推定(=この子供はこの二人のこども!って推定すること)」の問題では、

 

・推定が及ぶ ➡ 嫡出否認の訴え

・推定が及ばない ➡ 親子関係不存在確認の訴え

 

これだけ覚えてください。

 

それで、実際に、

どういう時に嫡出推定が働くのかと言うと、

 

条文があります!!

 

‐‐‐

 

772条1項

妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

 

772条2項

婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

 

‐‐‐

 

これを覚えてください!

 

つまり、推定されるのは、

 

①婚姻中に妊娠した場合

②婚姻成立の日から200日を経過後に出産

③離婚などから300日以内に出産

 

この3パターンです。

 

 

ということで①~③を軸に問題文を検討すると

解答することができます!

 

特に、間違いやすいのは

「妊娠した日」と「出産した日」を

こんがらがることです。

(実生活ではありえないですが・・・)

 

そこを注意して

問題文を検討してみてください!

 

また、「婚姻の成立の日」とは

「婚姻の届け出の日」なのでその点も気を付けましょう。

 

*答え

 

妥当である

 

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi