Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

平成23年問35 選択肢1 民法38 後見

平成23年問35 選択肢1 民法38 後見

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

*問題

 

未成年後見人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、職権で、さらに別の未成年後見人を選任することができる。

 

*解説

 

 1.知識問題

 

こちらは知識問題なので

条文を確認しておきましょう。

 

‐‐‐‐‐‐

 

840条2項

未成年後見人がある場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前項に規定する者若しくは未成年後見人の請求により又は職権で、更に未成年後見人を選任することができる。

 

‐‐‐‐

 

ということで、

この機会に覚えておきましょう!

 

あと補足だけど、

条文に「職権」の2文字が入っているかどうかは要チェック!

 

僕は条文を読むときに意識してました。

 

・誰かからの申立てが必要になるのか

・職権でもできるのか

 

を意識して進めると良いですね。

 

参考になれば嬉しいです!

 

*答え

 

妥当である 

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi