Toaru塾講師 〜行政書士試験 独学合格応援〜

行政書士試験の勉強方法を配信していきます。

平成24年問29 選択肢3 民法41 囲繞地

平成24年問29 選択肢3 民法41 囲繞地

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi 

 

*問題

 

甲土地を所有するAは、甲土地に隣接するB所有の乙土地を通行している。
 
AがBとの間の賃貸借契約に基づき 乙土地を通行している場合において
その後に甲土地がCに売却されたときはこれによりCも当然に乙土地を
通行することができる。

 

*解説

 

1.生徒からの解答

 

【原則】
賃貸借契約に基づく乙土地の、通行権は、
契約当事者であるAB間でのみ主張できるのが
原則である。
 
【例外】
また甲土地の売却に伴って、乙土地の通行権が
「従たる権利」としてCに移転するとしても
賃借権の譲渡に賃貸人Bの承諾が必要である。
(612条1項前段)
 
よってCは当然に乙土地を通行できるわけでない。

 

2.考え方

 

賃貸借契約で、

第三者に売り渡す関係のものでは、

民法612条1項」を軸に考えましょう!

 

‐‐‐‐‐

 

612条1項

賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。

 

‐‐‐‐‐

 

いわゆる「また貸し」のケースです。

ひとのものを勝手に貸して良いわけないですよね。

 

ちゃんとそのひとの許可を取る必要があります。

 

ということで、今回の問題は、

Bの許可があるかどうかわからないのに

「当然に」Cが通行できるとするのは誤りです。

 

このように法的思考力で考えられると良いです。

 

*答え

 

妥当でない

 

 

*こちらは「Toaru塾」で実施されている一問一答の解説部分です。興味があるひとはTwitterからDM下さい。

 

➡ https://twitter.com/toaru_jukukoshi